QUALITY

クオリティ

品質保証書

ニナ リッチ プレステージのエンゲージメントリングに使用されているセンターダイヤモンドには、瞬時にニナ リッチのダイヤモンドと判別がつくように、円周上の「ガードル」と呼ばれる側面にシリアルナンバーがレーザー刻印されています。世界でひとつだけの固有番号が品質を証明し、安心をお届けします。

またセンターから脇石に至るまで全てハート&キューピッドの高品質ダイヤを使い、矢の向きまでも揃えて留めるなどつくりを徹底しています。

品質保証書

3種類の地金から選べる

プレステージの全モデルでは、Pt950(プラチナ)/K18YG(イエローゴールド)/K18PG(ピンクゴールド)の3種類からお好みの地金を選ぶことができます。 K18YG(イエローゴールド)/K18PG(ピンクゴールド)が加わることで、フランスのブランドであるニナ リッチの世界観を表しています。

3種類の地金から選べる

セットでコーディネートができる

同シリーズ内すべてのエンゲージリングとウェディングリングがセットでコーディネートできます。 組み合わせに悩むことなく、ぴったりのセットコーデをお選びいただけます。

3種類の地金から選べる

カラット&カラー

ダイヤモンドの価値は4Cで決まると言われています。4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する4つの基準のことで、カラット(Carat:重さ)、カラー(Color:色)、カット(Cut:研磨)、クラリティ(Clality:透明度)の各要素の頭文字を取って4Cと呼ばれ、世界基準となっています。カラットとはダイヤモンドの重さを表す単位で1カラットは約0.2gです。カラーはもっとも美しいとされる無色透明のDから始まり、Zまでカラーグレードがあります。

カラット&カラー

クラリティ&カット

クラリティとはダイヤモンドの透明度のことで、インクルージョン(内包物)や疵の程度を表します。ダイヤモンドに含まれる内包物の有無や位置によって11段階に分類されます。インクルージョンが入れば入るほど、ダイヤモンドの内部では光がインクルージョンで曲がってしまい、透明度が低くなります。ダイヤモンドの輝きを決定するのはカットと言われているほど大切な要素です。ダイヤモンドの輝きを決めるカットはプロポーション、ポリッシュ、シンメトリーの3つの要素にて総合的に5段階で評価されています。4Cの中ではカットが唯一人間の技術を評価したものとなります。

クラリティ&カット

クラリティ&カット

結婚指輪・婚約指輪のNINA RICCI PRESTIGE(ニナ リッチ プレステージ)