よくある質問

ゴールドについて

K18って?
日本で一般的にジュエリ-に使用される「金」とは、K18(18金)です。18金とは、75%の純金に25%の銅や銀、パラジウムなど他の素材を加えた素材です。基本的にジュエリ-は合金(純金に他の素材を混ぜたもの)を使用していますが、これは、合金にすることによって耐摩耗性や強度、硬度を高めることができ、色のバリエーション、デザインの多様化が可能になる為です。
 
カラ-ゴ-ルドって何?
ゴ-ルドジュエリ-に使用される合金には金以外の素材の調合により下図のような色のバリエーションがあります。但し、下図の純金75%以外の素材の比率はあくまでも基本で、実際には各メーカーによって独自の研究開発に基づく素材配合をしています。
K18イエロ-ゴ-ルド:75%純金+12.5%銀+12.5%銅
K18ピンクゴ-ルド:75%純金+4%銀+19%銅+2%パラジウム
K18グリーンゴ-ルド:75%純金+25%銀
K18ホワイトゴ-ルド: 75%純金+25%パラジウム
 
金の比重って?
金属の比重とは、摂氏4度の水を1としたときに、どれだけ重いかを示す単位で、金の比重は19.3、つまり、1立方cm当たり19.3倍の19.3グラムになります。
 

プラチナについて

Pt850って何…?
日本で通常一般的にジュエリ-に使用されているプラチナはPt850またはPt900です。純プラチナ85%に他の素材を15%加えることにより(PT900の場合純プラチナ90%に10%他の素材を加える)プラチナはジュエリ-として加工し易くなります。
Pt850の地金情報・Pt900の地金情報
 
プラチナの比重って?
金属の比重とは、摂氏4度の水を1とした時にどれだけ重いかを示す単位で、プラチナの比重は、21.45つまり1立方cm当り21.45倍の21.45グラムになります。
 
プラチナについてもっと詳しく知りたい!
もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
プラチナ・ギルド・インターナショナル
 

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドの4Cってなに?
ダイヤモンドの価値を評価する基準が4C(GIA方式)です。<Carat>カラット(重量)、<Color>カラー(色味)、<Clarity>クラリティー(透明度)、<Cut>カット(プロポーション)の頭文字を取り4Cと言われています。
 
ダイヤモンドの形にはどんなのがあるの?
ダイヤモンドは、日々進化し多数のシェイプ(形)が存在します。代表的なシェイプとして、ブリリアント、オーバル、マーキス、ペアーシェイプ、エメラルド、ハートシェイプ、プリンセス等があります。
 
ダイヤモンドは欠けたりしない?
ダイヤモンドの硬度を表す「モース硬度」は、「摩擦や引っかきによる傷の耐性」を現し、割れや欠けを表すのは「靭性」(じんせい)と言います。基本的にダイヤモンドは、硬度10で地球上でもっとも固い物質ですが、ある一定方向に割れやすい「劈開性」(へきかいせい)があります。意外にも靭性に弱く、手荒に扱えばダイヤモンドも割れる可能性は十分にあります。
 
ダイヤモンドの価値(価格)は変わるの?
ダイヤモンドの価格は、デビアスグループなどに影響を受けながらサイトホルダー(原石受給権利者)が、購入した原石を研磨後に研磨会社の卸販売価格を決定します。需要の高い特定のダイヤモンドや供給の少ない特定のダイヤモンドは高騰し、逆条件の場合は下落します。天然の産物であるダイヤモンドの価格は、状況により常に変化します。しかし、ダイヤモンドは皆さんそれぞれの価値観で永遠の輝きを楽しむ宝石です。
 
ダイヤモンドはどこで採れるの?
ダイヤモンド鉱山は世界に点在しており、採掘される場所によって異なる魅力を備えています。主な産出国は、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ロシア、オーストラリア、カナダ等があります。
 

喜平について

なぜ「喜平」という名前がついているの?
喜平の名前の由来にはさまざまな説がありますが、代表的なものは次の通りです。
1.騎兵隊が、懐中時計の鎖に使用したところから
2.はじめてこの鎖を作った人の名前から(鈴木喜平という名前から)
 
喜平の種類、見分け方は?
代表的な喜平には、二面喜平、六面ダブル喜平、八面喜平の3種類があります。
下の図をご覧ください。
※弊社では八面喜平の取扱いはありません。
 
ダブル喜平とは?
一つの輪に対し、一つの輪をつなげているのがシングル喜平。
一つの輪に対し、二つの輪をつなげているのがダブル喜平になります。
 
二面、六面ダブル、八面喜平の価格はどうして違うの?
カット数によって、喜平を作成する工程数も違ってきます。手間がかかっている分加工代が高くなる為、価格が違うのです。
 
喜平に傷が付いてしまった場合、仕上げ直しはできますか?
表面の傷ならば、ある程度対応できます。が、この時、表面を削る為、お預かりした際の重量より若干軽くなります。また、その際に削り落としてしまった分の金、プラチナ等をお客様にご返却するのは不可能ですのでご了承下さい。
 

ゴールドのお手入れについて

表面に傷がついてしまったのだけれど、どうすれば…?
地金のみでできたジュエリーの場合、商品の形状と傷の深さによりますが、表面を研磨することにより、ある程度対応が可能です。但し、この場合、表面を削る為、お預かりした際の重量より若干重量が軽くなります。また、その際に削り落としてしまった分の金、プラチナ等をお客様にご返却するのは不可能ですのでご了承下さい。
 
気がついたらネックレスの形が歪んでるみたい。元には戻せる…?
完全に元の形に戻すことは不可能ですが、商品によってある程度対応することは可能ですので、その都度メ-カ-へお問い合わせ下さい。
 
何だか、金のジュエリ-の色が変わってしまったのだけれど…。
変色の要因は様々ですが、第一に考えられるのは、合金に含まれる銅や銀が酸化、硫化等の化学反応を起こしたためです。ジュエリ-専用のクリ-ナ-等である程度元に戻りますが、商品を傷めたりする場合がありますので、なるべくメ-カ-ヘ仕上げ直し依頼をして下さい。この場合、メ-カ-では、商品の素地を傷めないように、無酸化炉などで、表面の酸化物、汚れなどを焼いて除去します。
 

プラチナのお手入れについて

プラチナジュエリーを身につけて温泉やサウナに入っても変色しないかしら…?
基本的には、ジュエリ-を着けたまま温泉やサウナに入ることは避けて下さい。Pt1000と刻印されている以外の商品に関しては、プラチナ以外の金属が含まれており、特に銅が含有されている場合、銅が汗によって酸化する恐れがあります。酸化は黒色に変色する原因となりますので、ご注意下さい。また、黒色に変色してしまった場合は、磨けば元に戻ります。但し、磨くということは、表面を削るということですので、商品を傷めることになりますのでなるべくメーカーへ仕上げ直し依頼をして下さい。この場合、メーカーではお預かりした商品の素地を傷めないように、無酸化炉などで、酸化物、汚れなどを焼いて除去します。
 
何だか、ジュエリ-の光沢がなくなって黒ずんできたみたい。
黒ずんで光沢が消えてしまった要因は「汚れ」です。化粧品、汗、目に見えない大気中のチリが付着した為に起こります。この場合に関しては、汚れを落とせば、元の輝きに戻りますので洗浄して下さい。

<自宅でできる洗浄方法>
中性洗剤をぬるま湯で薄め、ジュエリ-(地金製品のみ)をつける。汚れが気になる部分に関してはブラシで軽くこすると綺麗になります。中性洗剤につけた後は必ず、真水でよくすすぎ、柔かい布で水気をよくふき取り、よく乾燥させることが大切です。(乾燥させる際、熱は加えないように)

<プロにお任せ>
超音波洗浄機で洗浄、それでも落ちない汚れはメ-カ-へ仕上げ直し依頼をして下さい。
 

その他のお手入れについて

大切なジュエリ-を取り扱うポイントは…?
Point1 硬い物と接触しないように注意! 傷の原因
Point2 ジュエリ-保管時には、小分けにしたりしてジュエリ-どうしが接触しないように注意 傷の原因
Point3 ジュエリ-の上に物を置かない 変形の原因
Point4 思いっきりひっぱったり、曲げたり、無理な力を加えない。 変形の原因
Point5 定期的にクリ-ニング、いつまでも輝きを失わないように 変形の原因
Point6 入浴時、サウナ等ではジュエリーははずす。 変色の原因